低インシュリンダイエットはデメリットもある 情報発信満載

低インシュリンダイエットはデメリットもある

低インシュリンダイエットは一時期とても注目を集めました。

太る原因つまり、脂肪細胞が巨大化していく背景には
すい臓から分泌されるインシュリンというホルモンが関係しています。

そのことに着眼したのが低インシュリンダイエットです。

食事で摂った炭水化物は体内でブドウ糖になります。体内にはいった糖は
インシュリンの働きにより、基本代謝としてエネルギーに変換されます。

そしてインシュリンは、分解された糖を血液中や筋肉、肝臓に貯めながら
血糖値を下げてくれます。

しかし血液中の糖、つまり血糖値が急上昇すると血液中、筋肉、肝臓などに
貯めておく量を超えてしまいます。そうすると脂肪細胞に蓄えられることとなり、
体脂肪の増加につながるのです。

つまり、血糖値が急上昇することを抑えることができれば、
インシュリンの分泌を抑えることができます。

では、実際に低インシュリンダイエットはどのような方法で行うのでしょうか。

インシュリンの分泌を抑えるのが目的ですから、血糖値をあげてしまうような
食品は避ける必要があります。

血糖値が上がる食品の代表格といえば、やはり炭水化物です。

このダイエットを行うにあたって、白米やパン等の主食は一切食べない
なんていう人もいますが、主食には脳や筋肉の働きに必要不可欠な
糖が含まれている大切な食品なのです。

また、炭水化物を食べない、あるいは少なくする生活は長く続けられる
ものでもなく、リバウンドする可能性が高いのがデメリットです。

低インシュリンダイエットに失敗した方、また、これから始めようなんて
思っている方、遠回りをしないで、まずはコチラをご覧下さい。

詳しくはこちら

「モデ痩せ」は、細胞内のミトコンドリアの働きを活性化することで、
基礎代謝がアップします。

キレイな痩せ方を目指すなら、是非試してみてください。
今なら返金保証付きです。

詳しくはこちら