水彩画を上手に描きたい人のための、基本的な3つのステップとは? 情報発信満載

水彩画を上手に描きたい人のための、基本的な3つのステップとは?

自分の描いた絵がベタッとしている・・・

絵が下手で周りの人に見せるのに気が引ける・・・


あなたがもし、そう感じたことがあるなら、

今日のお話はきっと役に立つことでしょう。


ぜひ、最後までお読みください。

今すぐ水彩画の上達法を知りたいならこちら

⇒詳しくはこちらをクリック


美しい水彩画を描くにはセンスが必要。

センスがないと美しい絵は描けない。


そう思っている方はとても多いです。


ですが実は、ほとんどの人は上手に絵を描ける力を持っています。


いざ具体的にどう描いたら美しい絵に仕上がるのか、

その方法を知らないだけです。



ほんのちょっとの基本的な知識とコツを身に付ければ、

誰でもワンランク上のステキな水彩画が描けます。

⇒詳しくはこちらをクリック



◇喜びの声をお聞きください◇

……………………………………………………

67歳 男性

デッサン編一通り終わりました。

書いては消し、書いては消しの連続です。
でも完成は自己流で書いていた時と全然違います。

デッサン編の全編終了時は、自分でも大分良くなった実感が有ります。
講座を受講して本当に良かったと思っています。有難うございました。

……………………………………………………

70代 女性

私にとって大変ありがたい教材でした。
数十年ぶりに絵筆を持ちますので、何もかも分からないことだらけでした。

上西先生の優しい話し方で、画材の揃え方、筆の使い方も
完全に初歩からのご指導で分かりやすかったです。

……………………………………………………



お世辞にも上手とは言えない絵を描いていた60代男性が、

最短“たった30分”で誰もが感動する作品を描けた上達法を

あなたも知りたくありませんか?

⇒詳しくはこちらをクリック


この上達法は水彩画のテクニックを、

ウォッシュはこう、混色はこう、

と丸暗記する方法ではありません。


もちろん毎日、何十枚と練習を強要する方法でもありません。


あなたはカンタンな『3つのステップ』を実践するだけ、そんな
基本的なステップだけで、ワンランク上の水彩画を描けるようになります。


なぜなら、モチーフの立体感や遠近感を表現するコツを

あっという間に習得できるからです。


しかも、自宅にいながら。


忙しいあなたでも、

お休みの日の空いた時間に、

夕食後にお酒を飲みながら、

家事の合間のちょっとした時間に、


あなたの生活のペースに合わせて、

好きな時間に好きなだけ、自由に上達できます。


しかも、指導してくださる先生がスゴイです。

写実表現に定評のある現役の画家であり、

絵画教室の先生としても人気の、

「上西竜二」先生です。

まずは、上西先生の水彩画作品をご覧ください。

⇒詳しくはこちらをクリック


あなたも、たった3つの基本的なステップを実践するだけで・・・


・ベタッとした水彩画から卒業できる。

・水彩画の透明感や鮮やかさを活かした作品が描ける。

・画家である上西先生のタッチを丸ごとマネできる。

・描いた作品を自信を持って玄関や部屋に飾れる。

・あなたの絵を友人や家族が褒めてくれる。

・自信をもって「趣味は水彩画です!」と言える。

などなど。

このように、憧れの水彩画ライフを手に入れられます。

⇒詳しくはこちらをクリック
| 学習