憧れのピアノを初心者でもスラスラ演奏したい!レッスンのプロが教える3ステップ 情報発信満載

憧れのピアノを初心者でもスラスラ演奏したい!レッスンのプロが教える3ステップ

━─━─━─━─━─━─━─━─━─
ピアノ初心者が最初にぶつかる壁とは?
━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 多くのピアノ初心者から聞いて分かった、ある重要な事が有ります。

 あなたも「ピアノを弾いてみたい!」と一度でも思ったことがあれば、

 今からお話しする事だけは決して忘れないで下さい。

 それは、

 「ピアノが弾けないのは、練習の「やり方」を間違っているだけ」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 と言う事です。

 社会人でピアノをはじめても、ピアノを楽しく続けられる人、

 途中であきらめてしまう人。


 その違いは、

 「正しい上達法を知っているか、知らないか。」 

 たったこれだけのことでした。
 
この続きは後半で。



あなたはピアノを弾く人の指の動きが早くて、

すごいな〜優雅だな〜

と感じたことはありませんか?


特にテレビで見るピアニストや、プロの演奏者の

手の動きは滑らかで、美しく、

本当にほれぼれしてしまいますよね。


一体どうやったらあんなに滑らかに指が動くのか、

ピアノを弾いたことがないと、

不思議に思いますよね。


毎日の何時間にもわたる練習の賜物であることは

もちろんですが。


実は、少しピアノ初心者にはわかりにくい、

ピアノを滑らかに弾くコツ。

があるのはご存知でしょうか?


ピアノはたくさんの鍵盤がありますよね。


それを10本の指で弾かないといけないので、

指の動きはとっても重要になります。


例えば、親指を1、人差し指を2、と

順番に小指まで番号を付けると、

ド|レ|ミ|ファ|ソ|ラ|シ|ドを弾くには、

1|2|3|4 |5|

と単純に弾いてしまうと、指が足りなくなってしまいます。


そこで、

ド|レ|ミ|ファ|ソ|ラ|シ|ド

1|2|3|1 |2|3|4|5

というように、「指またぎ」という方法を使うと、

かなり楽にド〜ドまで弾けるようになります。


このように、ピアノを弾ける人は

特殊な才能を持っているからピアノを弾ける、

のではないのです。


正しい弾き方を知っているからこそ、

スラスラと優雅にピアノが弾けるのです。


でも、その弾き方を習うにはピアノ教室に通わないと

無理でしょ?と思われているでしょうか。


いいえ。ご安心ください。


実は自宅にいながら、たった【3つのステップ】だけで、

ピアノ初心者でも名曲が弾ける。


そんな驚きのピアノ上達法があるのです。


3つのステップを実践するだけで、あなたもすぐ、

「指またぎ」をマスターして滑らかにピアノが弾けるでしょう、


ピアノレッスンのプロ『海野 真理先生』が教える!

具体的な【3つのステップ】は今すぐこちら

 ⇒詳しくはこちらをクリック


しかも、この上達講座なら、

「ピアノ初心者が最初にぶつかる壁」も

アッサリ解消できます。


というのも、ピアノは弾きたいけれど、

そもそも楽譜が読めない。


そのことでピアノを諦めてしまう人がたくさんいました。

「楽譜」が大きな壁になっていたのです。


そこで、海野先生は

「もっとピアノをたくさんの人に楽しく弾いて欲しい!」

そんな思いから、ある“特別な楽譜”をピアノ講座に取り入れました。


この楽譜さえあれば、ピアノ初心者でも見てすぐ曲に挑戦できます。

つまり、挫折することなく楽しくピアノを続けられるのです。

ベートーヴェンのあの名曲も両手でスラスラと
弾けるようになるでしょう。

しかも、たった30日で!

 ⇒詳しくはこちらをクリック


想像してみてください。

休みの日の午後にピアノで好きな曲を演奏する

優雅な時間を手に入れられます。


一日の終わりにお酒を片手にピアノを奏でる、

というのもいいかもしれません。


ご家族やご友人からは、

「え、○○さんってピアノが弾けたの??」

ときっと驚き、喜んでいただけることでしょう。


そんな憧れのピアノライフを今すぐ手に入れることができます。

 ⇒詳しくはこちらをクリック
| 学習